At Home works

At Home Worksの日々

鎌倉のアトリエ At Home Worksでの作陶風景

メロンと花火。 

S__28991505

大きな大きなメロンをいただきました。

暑い夏はやっぱり苦手ですが、美味しい果物がたくさん食べれるのはとても嬉しいです。
桃、メロン、スイカ、ぶどう、梨・・・。
こんなにも甘くて心が満たされる、そのうえ見た目が愛らしい食べ物ってそうないのでは?と、果物をいただくときはいつも思ってしまいます。

果物大好きな私たち。
大喜びで、喉をごくごく鳴らしながらいただきました。

S__28991506

丁寧に育ててくださった生産者の方々のおかげですね。
おかげ。おかげさま。
「陰」という言葉は、人の目に触れないところのこと、また物事の裏にある見えない部分のことを指します。その言葉に敬意を表す「御」と「様」をつけて「御陰様」。
目に見えない、隠れてしまっているところにも感謝の気持ちを込めてできた言葉が「おかげさま」なのだと。
金八先生が昔ドラマの中でこんな話をしていて、よく思い出しては「日本語って美しいな、すばらしいな」と感動すると同時に、綺麗な日本語を使わなくては、と反省したりします。

おかげさまなことをもう一つ。
7月10日に鎌倉花火大会が開催されました。
海に上がる花火を初めて見たのはもう何年前のことだったか。あまりの綺麗さに思わず手を合わせて拝むように見ていたのを覚えています。
梅雨時ということもあってお天気が心配されましたが、今年は見事に晴れ!
ほどよく風も吹いていて、暑すぎない湿気もない、本当に過ごしやすい陽気でした。
ひゅるるーと龍のように空へのぼり、一瞬消えたら、ぱーんと開いて、どん!と鳴る。(語彙力がなさすぎる)
まぎれもなく夏がはじまりました。

浜辺から駅までの帰り道、ふと周りを見るといろいろな人が頑張っていました。
「スムーズにこうして歩けるのも誘導してくださってる警備の方々がいるからだな」
「コンビニの店員さん、嫌な顔ひとつせず長蛇の列をさばいてたな」
すぐそこで花火があがっていたというのに、おそらく見ることができなかったであろう人たちのことを思いました。

花火師の方々、実行委員の方々はもちろんのこと、見えないところで頑張ってくださっていたたくさんの方々のおかげで、今日自分がこんなに綺麗なもの見ることができたんだと、また手を合わせて拝むような気持ちになりました。

日々誰かのおかげさまであることを忘れたくないな、そして私もだれかにとってのおかげさまになれているといいなと思った1日でした。

佐々木

石を置く。 

佳境です。
アニメ『進撃の巨人』が佳境です!!
今まで明かされなかった真実が明らかになり、物語は新たな展開へと動き出しています。

そうなってくるともっぱら、仕事中の会話は進撃の話ばかり。
いろいろなことがわかってきた今、「あのときのあれがこういうことだとすると、こういう展開になるのでは」と、仮説を立て考察する遊びがヒートアップしています。

この遊びのポイントは、完全な妄想ではなく、辻褄があう仮説を立てるということ。
頭の中で、タンタンタン…ターンッ!ときちんとゴールへつながるようにひとつずつ石を並べていく。うまくつながったときは快感に近い感覚を得ることができます。

9FB5CE31-B0AA-43DE-95A2-C000418EBE9A
(お天気がとてもよかったので、作品たちを一気に乾かします)

ゴールに向けて石を置く。
この脳内作業は彩さんがよくやってらっしゃることです。
たとえば自分に目標や夢があるとき、そこに辿り着くためにはどういう石を踏まなきゃいけないかを具体的に考えてみる。
ゴールの一歩手前の石を踏む自分はどうなってるべき?ではその一歩前は?と、今の自分まで逆算して細かく石を並べてみるのです。

最終的なゴールが大きければ大きいほど、石は細かく並べる必要があります。
でもどんなに大きいゴールでも、辻褄があうように石が置けるならば、タンタンタン…ターンッ!と進んでいけます。置けないならそれは妄想でしかないのですが、やってみると意外に石は置けるものです。

とはいえ私も日々意識してはいるのですが、おっかなびっくり目の前にある一歩に片脚をちょんと乗せてるような状態です。
遠くに見えるゴールに靄がかからないよう、いつも飛び石たちがちゃんと見えている日々をすごさなくてはと思います。

8A0A0E1E-94EF-42A0-8EDD-530E29B0EC34
(屋根の上にも作品を乗せて乾かしました。3m級の巨人は、このくらいの高さで世界をみてるのかなあ。)

佐々木

森道市場。 

森道市場2019、無事に終わりました!

まだ薄暗い明け方に出発。
高速道路を軽快に飛ばし、途中サービスエリアで朝6時過ぎにみんなで吉野家に入り牛丼をかっこみました。
お腹いっぱいのごきげんで再スタート。
これから始まる長い1日に備え、後部座席は仮眠組、助手席はナビ&ドライバーとの軽快なトーク係ということに。

幸い大きな渋滞もなくスムーズに進んでいました。
「静岡はいったー!」と喜んだあと、かなりの間抜けられない、終わりが見えない静岡に戦慄しながらも、もう少しで到着というところまできたとき、ちょっとしたハプニングが。

仮眠から目覚めた彩さんが、ナビの到着予定時間がさっきから一向に変わってないなぁと呟いたことをきっかけに、名古屋方面へとひた走っているが、どうやら行きすぎていないか?と車内がざわつきはじめました。
蒲郡に向かっているはずなのになぜ今豊田にいるんですかねと、同じく後部座席にいた愛知県出身のひかるちゃんの一言で車内の空気が一旦止まります。
助手席のナビ&トーク係だった佐々木は顔面蒼白。

見落とした!!!私たぶん降りるとこ見落としました!!!

搬入時間も迫っている中かなり焦りましたが、彩さんとひかるちゃんのスーパーナビと、ひできさん(今回お手伝いしてくださったスーパーサポーター)の運転スキルでなんとか無事にゴール。
降りるべき場所を見落としたにも関わらず、下道に降りた途端に酔ってしまい役に立たなかった私。なんとも申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

89BA130E-FDA2-44DA-B351-99D5A1BD5757
(とか言いつつ、ひかるちゃんが「酔ってからでも効くやつです」とくれたお薬のおかげで到着してからはすっかり元気に。おいしいかき氷食べちゃいました。)

私たちが出店させていただいた雑誌nice things.さんのブース「エプロンの星」には、様々な作り手の方達がいらっしゃいました。
みんなエプロンをつけて、胸に「まな板星人」(まな板を販売している方)や、「ピクニック星人」(アウトドア用品を販売している方)のバッジをつけておられました。自己紹介的な役割を果たすこのバッジ。
チームAt Home Worksの星人名はというと、彩さん「ミソキュー星人」、佐々木「大食い動画星人」、ひかるちゃん「かりんとう饅頭星人」、ひできさん「ソー星人」。
何を売ってるのかわからないけど食べるのお好きなチームなんですね、ということだけ伝わるようなバッジを胸につけ、皆様をお出迎え致しました。

2352C86F-F3C9-49F4-977A-0084B7F9856D

作品を見ながら悩まれていたあるご夫婦。
「ちょっと一周りしてからまた戻ってくる?」と旦那様。
「うーん。でも次来たときにこの子がいなくなってたら悲しい」と『ヌガー』を見ながら言う奥様。
『ヌガー』は一点一点釉薬の模様が違うため、どれにするかとても時間をかけて悩んでらっしゃいました。
そして最後はせーので指差しをして決めることに。
「せーの!」と言ったあと、お二人は同じ方を指差しました。「やっぱりー!」と笑いあっているお二人を見て、夫婦って素敵!と感動しました。

どこかで音楽が流れていて、どこからか美味しい匂いが漂ってきて、ちょっと暑くて、それが楽しい。
At Home Worksは初めての参加でしたが、たくさんの人に興味を持っていただけてとても嬉しかったです。
nice things.さん、素敵なご縁をありがとうございました!

佐々木

いざ! 

先日、クックパッドさんが提供するアプリ「Komerco」内にて、At Home Worksの記事が公開されました!
(前回のブログでお話ししました取材は、Komercoさんの取材でした)
「うつわ作家の日々ごはん」というシリーズで、アトリエのことや私たちが大好きなごはんの様子を掲載していただいております。
なんと前後編で特集してくださり、嬉しい限りです。

いろんな写真の中に、私たちが「いただきます」をしている写真があるのですが、それを見たとき、どこかで見たような気持ちに・・・。
なんだろな、なんだったけな、と思いながら大好きなドラマを見ていて、「あ、これじゃん」と気付きました。

金曜深夜放送中、『きのう何食べた?』、みなさんご存知ですか?
毎回とっても美味しそうな食べ物がたくさん出てくるドラマです。深夜に見るとちょっとお腹が減ってきてしまいますが、翌日絶対作りたくなるし、献立考える手間が省けるのでおすすめです。彩さんも大好きなドラマです。
そのドラマの感じに、二人の写真が似ていたのです。知っている人にしか伝わらないし、知っている人にも伝わらないかもしれませんが、私はとにかくそう感じました。

話が少し逸れましたが、とても素敵に記事を書いていただいたので、ぜひ皆さんダウンロードしてみてくださいね。

43E7BEC2-C486-4745-AA5D-70511AAD17D4

日本橋高島屋さんでの二人展も無事に終わり、いよいよ明後日から「森、道、市場2019」がはじまります。

愛知県蒲郡市にて開催されるこのイベント。
なんと出店数は350!!おどろきの数です。
初めて参加させていただくイベントで、とてもわくわくしております。

「着替えと、パジャマと、お風呂セットと。あと何持って行けばいいんだろ」
旅慣れていない私は、ひかるちゃんにたずねてみました。
「えっと、ゲームとお菓子と・・・」と、のっけから変化球を投げて来たので、自分で考えて準備することにしました。

作品を詰め込み、みんなで車に乗り込み、明け方に出発の予定です。運転しながらでも酔う程度に乗り物酔いがひどい私は、果たして重要な運転要員としての役目を果たすことができるのでしょうか。若干不安はありますが、どんな旅になるのか、どんな人たちと出会えるのか、それを考えると楽しみな気持ちが溢れてとまりません。

さあ、いざ森道市場!

佐々木

三口に一回。 

アトリエ展も終わり、またいつもの日常にもどって作陶の日々を過ごしています。
と言いつつ、来週からは日本橋高島屋さんでの二人展、月末には愛知県で開催される森道市場2019で出店と、イベントが続きます。

さてそんな中、先日とある取材がありました。(詳しくは後日お知らせさせていただきます)
作陶風景の撮影と彩さんのインタビューを終え、食事風景やおやつ風景の撮影に。

キャベツとわかめのお味噌汁を準備している最中に彩さんが、
「これ、いただきもののキャベツなんですけど、ご自身で乾燥させたキャベツなんですって。色も綺麗で歯ごたえもよくて」
と、取材の方々に説明をされていました。

「へぇー・・・?」という不思議な音程のお返事をされる皆さん。
「わかめですね」と私。
「あ!今間違えてた!?」と彩さん。
「あー!なんかおかしいなと思ったんです!」と安堵の皆さん。

あるあるです。言葉が入れ替わっちゃうのは、彩さんあるあるです。

blog
(前につくった坦々豆乳そうめん。今年の夏も登場しそうなメニュー)

食べながら、以前私が二人分のお弁当を作っていたり、ワークショップのまかないランチを作っていたりしてたときのお話になりました。
「お料理お好きなんですか?」と聞かれたので、「好きなのもありますが、それよりも、彩さんは三口に一回は『おいしい!』と言ってくれるので、嬉しくて作り甲斐があるんです」と答えました。

実際本当にそうで、彩さんはなんども「おいしい」と言ってくれます。
ひとつのお弁当を食べ終わるまでになんども。
本当はおいしいと思ってないのにおべっかで言っているのとは違います。そんなのすぐにバレます。
大げさに、オーバーリアクションでそう言うのではなく、呼吸するように自然と「おいしい」「これおいしい」と言いながら完食してくれます。
私はそれがいつも嬉しかったのです。
自分が料理を作ったとき、「おいしい」と言われて嫌な気持ちになる人はいないです。
「おいしい」と言われると嬉しいという気持ちを知っているから、私もよく言うようになりました。

もしこれを読んでくださってる人の中で、「普段、おいしいってあんまり言ってないかな」と思う方がいらっしゃったら、「たくさん言った方が良いと思います」とお伝えしたいです。
「毎日作ってもらってるけど、なんども言うと嘘っぽく聞こえるかな」と思う方がいらっしゃったら、「本当においしいと思っているなら、言った分だけ次の日のご飯がおいしくなると思いますよ」とお伝えしたいです。

毎日繰り返す食事の時間が、作る人にとっても食べる人にとっても、嬉しい時間になるといいですよね。

佐々木

アトリエ展が終わりました 

FD564629-F462-4BD3-95F0-75362052B558

2019春の個展「白を重ねる」
無事終了いたしました。

お忙しいなか、時間を作って来てくださった皆様本当にありがとうございます。

今回の展示は私の中で、今後の流れにつながる
「はじまり」のようなものを表現できたように感じています。

その展示を沢山の方に観て頂き、 直接お話する機会を頂けて、とても大切な時間となりました。

お買い求め頂いた方に先着でお渡しした、
佐々木望 コラム「さもないごちそう」は
お読みいただけたでしょうか。
のんちゃんらしい言葉と想いを綴ったコラムだったとおもいます。
ぜひ感想なども、お聞かせください。

At Home Works次の展示は
5/21-27日本橋高島屋
5/31.6/1 愛知 森道市場です。

今後とも
At Home Worksを宜しくお願いいたします。
感謝!!

林彩子

アトリエ展3日目を終えて。 

25日からはじまったアトリエ陶展「白を重ねる」、あっという間に3日目が終了しました。
連日たくさんの方にお越しいただきまして、ありがとうございます。

うっかり夏になってしまったかと思うほど暑かった初日。
うって変わって一気に冷え込んだ昨日と今日。

晴れているときは太陽の光で作品たちがみずみずしく見えます。曇っていたり雨が降っていると深い陰影が楽しめます。作品を近くでいつも見ている者の視点で言うならば、At Home Worksの作品はどちらの天気にも似合います。そういうところが良いな思います。

D3E4D1FE-0B20-4BCA-A71F-3495F2F5CA8D

だけどただの人として言うならばこの寒いのは辛いです。
明日は暖かくなってほしいなとすごい思います。

来てくださった皆さんが作品を手に取り「どれにしよう」と迷われている姿は、見ていて本当に嬉しいです。ひとつひとつ時間をかけて作っているものを、時間をかけて選んでくださる。「ここ削るのちょっと難しかったな」とか「あの日の窯に入れた作品だな」とか思いながら、巣立っていくところを見ています。

7087D593-0804-481F-848F-B57FD9D4FA91

また今回、このスタッフブログを読んでくださっている方が、私が思ってるよりもいらっしゃることがわかり、今ちょっと緊張しながら書いています。
「ここがあのDM撮ったところですね」と声をかけてくださった方とはおたま事件についてより詳しくお話させていただきました。「カルタのはなし書いていた子?」と、全然しょうもない話を覚えてくださってる方もいて、もう少しちゃんとしたこと書いておけばよかったなと思ったりしました。
でも今更きばって格好つけることもきっとできないので、引き続きここではアトリエの日常を綴っていこうと思います。

大型連休に入り、江ノ電の混み具合もちょっと心配なところですが、明日から5月1日まで、アトリエにて皆様のお越しをお待ちしております。

佐々木

お祭りの前日のような 

先週の土日は「豆皿をつくろう」ワークショップでした。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!

ワークショップ初登場の豆皿。
「こんな形の色とりどりの小さなお皿が食卓にあったらとってもかわいいだろうなあ」と、ワークショップの翌日みなさんが作ったお皿を乾かしながら眺めておりました。

S__26746883
(今回のおやつは、桜と抹茶のクッキーでした。抹茶が少し渋かったのが反省点。)

さて、いよいよ明後日25日(木)からアトリエ個展「白を重ねる」がはじまります。
普段作陶しているアトリエを個展用に整えます。
なんせ土を扱う場所なので、まずはお掃除。箒ではいて雑巾で拭いて、「え?こんなところになんで泥ついてるの?」みたいなところもちゃんと綺麗にします。
綺麗にしたあと、どんな風に展示をするか考えながら「これはこっち?」「あれをここに持ってこようか」と悩みながら、作品たちが似合う場所に似合う配置で展示をしていきます。

個展前のどきどきする感じとわくわくする感じ。
この感じはなんども経験していますが、毎回ちょっとお祭りの前日みたいな気持ちになるのでとても楽しいです。
気分をあげるためにかけたBGMはもちろんQueen。
フレディが「ヘイヘイヘーーイ!」と煽るもんだから、彩さんと私のテンションも爆上がり。

今回は器だけでなく、彩さんが描いた絵も展示いたします。
器と絵。白を重ねた立体と、白を重ねた平面。
いつもと雰囲気がだいぶ違うアトリエを皆様に見ていただくのが今からとても楽しみです。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

S__26738691
(壁が…!?全貌はぜひアトリエ展にて! )

佐々木

プレゼン 

彩さんが『ボヘミアンラプソディ』を観てきたそうです。
仕事中はいつもいろんな音楽がかかっているのですが、そういうわけで、とりわけ最近はよくQueenをかけています。
私はすでに観ていたので、どこがよかったかとか、あのシーンは泣いたとか、Queenの名曲をBGMに語りあいました。

面白いものやいいものは誰かと共有したくなるものです。
アシスタントひかるちゃんにもすぐ「ねえねえ、ボヘミアンラプソディ観た?」と聞きました。
ひかるちゃんはまだ観ていなかったので、彩さんがネタバレ(というほど隠さなきゃならないストーリーでもないですが)しない程度に、良かったところや作品の魅力についてプレゼンをしました。
同じように、『スターウォーズ』についてのプレゼンをひかるちゃんにしたところ、「すごいわかりやすい説明!」と感心し、観る方向へとかなり気持ちが動いていました。

映画のプレゼンに関して言うならば、彩さんはかなり才能があると思います。
洋画がまったく苦手だった私が、『スターウォーズ』を全シリーズ楽しんで観ることができたのも、アニメ『進撃の巨人』にどはまりしたのも、彩さんが見事なプレゼンをしてくれたおかげです。「相手がいかに面白そうと思えるかどうかが大切」とおっしゃるのですが、自分の口でそのものの魅力を最大限に伝えるのは、実際なかなか難しいものです。

彩さんのプレゼンで私ががっつり落とされたものがもう一つ。
みなさん、バチェラーってご存知ですか?
一人の男性と複数名の女性が、様々なアクティビティやデートを重ね、最終的に一人の女性がその男性に選ばれる、という仕組みの恋愛ドキュメント番組です(伝わるでしょうか)。
その番組を知ってはいたけど観るに至らずにいた私は、彩さんの見事なプレゼンのおかげで、毎晩夜更かししてしまうほど見事にはまってしまいました。

面白いものやいいものは誰かと共有したくなるものです。
アシスタントひかるちゃんにもすぐ「ねえねえ、バチェラーって知ってる?」と聞きました。
ひかるちゃんはまだ観ていなかったので、彩さんと私でネタバレしない程度に、面白いところや番組の魅力についてプレゼンをしました。
彩さんと私、二人がかりでのプレゼンが終わったあと、ひかるちゃんに
「今、観たい度何パーセントくらい?」
と尋ねると、
「うーん・・・30パーセントくらいですかね」
とかえってきました。

全然だめじゃーん!!

みんなでバチェラーの話をしたいんです。盛り上がりたいんです。
もう少しがんばってプレゼンしてみます。

S__26222595
(隣の隣の渡部さんからいただいた手作りのいちごジャムとカスタード、そしていちごのシロップ。本当に美味しくて、お腹だけじゃなくて心までしっかりと満たされました。いつもありがとうございます!)

佐々木

DM制作秘話 

4月25日からはじまるアトリエ展のDMができました。
今回のテーマは、雑誌のようなDM。

写真の位置は下よりのほうがいいか?いや真ん中か?
フォントはこっちのほうがいいか?全部大文字にする?
あーでもないこーでもないと試行錯誤しながら、
雑誌っぽく、見えるように・・・!
裏面の文章も、そんなところを意識しました。

こんなふうにできあがりました。

S__25747593

この写真を撮影した日は、彩さんとアシスタントひかるちゃんと私の三人でした。

器の配置を考える彩さん。
カメラを構える私。
おたまを持つひかるちゃん。

・・・?

・・・おたまを持つひかるちゃん?

写真ではランプが釣り下がっているのですが、本来この場所に照明はつけられないのです。
なのでいたしかたなく、ひかるちゃんに頑張ってもらいました。
おたまの先に照明をくくりつけて、うーんと腕を伸ばしてもらったのです。
腕が写真に写り込まないように。
そこにはじめから照明があるかのように。

S__25747597

「がんばって!もう少し上めに!」
「いい感じ!最後一枚!」

みんなの力が合わさって、今回のDMができました。
お手元に届いた方、街中で見かけた方は、
こんな風にしてできたDMなんだなと思って見てくれたら嬉しいです。

アトリエ展にむけて、準備も着々とすすんでおります。
おたのしみに!

S__25747595
(はじめは腕だけでがんばってました)

佐々木

1 / 1712345...LAST »
カレンダー
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー
アーカイブ
最近の投稿
PAGE TOP