At Home works

2018年10月の記事一覧

雑誌の取材の日。 

先日、彩さんが雑誌「nice things.」さんの取材を受けました。
テーマが「住む家と、暮らす場所」ということで、アトリエでも撮影があったのです。

雑誌に載る。
たくさんの人に見られる。
アトリエを見回す。
土や泥や釉薬、道具類や棚に入りきらない作品たち。
庭はみかんの落ち葉の絨毯。
なんせ超大型台風が通り過ぎたばかり…

掃除!!!とにかく掃除だ!!!

ちょうど撮影前日は、アシスタントさんが来てくださる日だったので、みんなでせっせとあちこちをお掃除しました。
綺麗にするところはたくさんあったので本当に助かりました。

掃いても掃いても落ちてくる落ち葉とたたかう岡本さん。
ロクロの見えないところまできちんと拭いてくれるまいさん。

すっかり綺麗になったアトリエを見て「こんな綺麗なアトリエ初めてみました」とつい本音がぽろりしていました。
(常のアトリエがとんでもなく汚いということはないですよ!)

S__21594125

撮影当日。
彩さん自身のこと、At Home Worksのこと、At Home Worksに関わってくれている人たちのこと。
いろんなお話をする彩さんとライターさん。その様子を撮影するカメラマンさん。

「いつもお仕事しながらどんな話をされてるんですか」とライターさん。
「進撃の巨人の話とか、エヴァの話とか…。あ、スターウォーズの話とか」と私たち。
ちょ、まるでオタクみたいですやん。
仕事の話ももちろん、最近夢中になってるものとか、こんなことがあったんですよみたいなお話もたくさんしてるんですよ。

普段のように作業をしながら、取材はつづきます。

「向き合って、目を見て話すとかじゃないから、いろんな話ができるんですよね」
彩さんがそう言って、確かにそうかもしれないと思いました。
それぞれが作品を、手元を見ながら、いろいろなことを話し、笑い、考える。
会話と同時進行で作業も進む。
大事なところではもちろん沈黙になるけど、集中しているから気にならない。
この流れであの話したい。今大切なところだから集中しよう。

話さなきゃいけない。話しちゃいけない。
仕事の時間を心地いいと感じられているのは、そのどちらでもないからなのかもしれません。

ワークショップでも、たまにこういう空気になるときがあります。
目を見て話してるわけじゃないけど、BGMが聴こえないほど会話がもりあがり、かと思えば「ここ図書館?」と思うほど静かにみなさんが集中してる瞬間があったり。
おもしろいですね。

S__21594127

取材と撮影が無事終わり、みんなでお昼ご飯を食べました。
話題は例の「ケーキなら何時までいけます?」(ホールケーキを時計と考えると何時まで食べれますか?という話)
私が唱える「5時までノーカン論」(5時までは無意識で食べちゃう)は、なかなか共感してもらえず。
「食べ物にノーカンの瞬間なんてありますか?」という当然の疑問を抱かれるお二人。
でも「回転寿しで、注文したものが届くまでに流れてきたものを無意識に食べちゃうあの感じ」という例えで、見事ライターさんの「それならわかる!」をいただき、カメラマンさんからは「それでいうなら最初のビール3杯目までは確かにノーカン」をいただけました。
みなさんは何ならどこまでノーカンですか?

話が少し逸れました。
今回取材していただいた素敵な雑誌「nice things.」の今月号に、彩さん一家とAt Home Worksの記事が載っています。
本屋さんで見かけた際は、ぜひご覧くださいね。

S__21594128

佐々木

美味しい嬉しい 

「こんにちわ」の声と一緒に美味しいものが届くって、すごいことです。
しかもアトリエにいるとその確率がかなり高い。これはなかなかすごいことです。

アトリエのご近所の方々には、以前から本当に親切にしていただいております。
落ち葉を掃いてくださったり、伸びすぎた木を切ってくださったり、お花を届けてくださったり…。
いつも、ありがとうございますの気持ちと、とっても嬉しいですの気持ちでいっぱいです。

今日はお昼頃に、隣の隣の渡部さんから焼きたてのだし巻き卵、ご近所のお茶の先生から丹波の枝豆をいただきました。

63D87F1A-E7B3-411B-8AF4-21A15FFD8234

「よかったらどうぞ」
「がんばってね!」

美味しくて嬉しかったです。
おすそわけに持って行ってあげよう、と思ってくださったことが何より嬉しかったです。

ご近所の方や、アトリエに来てくださる方々へ「ありがとうございます」という気持ちをちゃんと持つこと。
していただいた親切をまた自分が誰かに返すということ。
私はAt Home Worksに通うようになってこの秋で8年目になりましたが、彩さんのそばで仕事をする中で、陶芸のことはもちろん(むしろそれ以上に?)陶芸以外の、そういった「本当に大切なこと」をたくさん学んできたように思います。

年末に向けて展示会やアトリエ個展と、忙しくなってきそうです。
手にした人が嬉しくなるような、大切にしたくなる作品を、ひとつひとつ作っていきたいです。

佐々木

PAGE TOP