At Home works

うつわのこと 記事一覧

あけましておめでとうございます2022! 

明けまして
おめでとうございます

本年も家族皆健やかで
思いやりのある一年にしたいです。

花紅、七歳の七五三お祝い
三歳のときとは違い、
本人も素敵なお召し物を着られることを喜び、お支度にもわくわくする様子。

9673EF27-DFC7-4694-953F-DD1A4CCC139D

北鎌倉浄智寺
朝比奈ご住職の御好意で
紅葉の中素晴らしい写真を撮らせて頂きました。

731C7B0A-C790-4896-A2AC-5A7D4682CB74
皆さま
本年もどうぞよろしくお願いいたします。 

明けてすぐですが、
まもなく個展が始まります。
合わせてよろしくお願い致します!

林彩子個展
2022年1月5日水ー1月17月
1/5.8.10在廊予定です。

11:00〜17:00
※営業時間、在廊時間につきましては、予告なく変更になる場合がございます

熊澤酒造
okeba gallery

〒253-0082
神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7
0467-50-025

すべてのひとに石がひつよう 

余韻がすごい。

昨日から始まった
静岡の美術館クレマチスの丘
ミュージアムショップ「NOHARA BOOKS」
『センス・オブ・ワンダーな贈りもの』展もぜひ!なのですが、

ヴァンジ彫刻庭園美術館で開催中の
『すべてのひとに石がひつよう』が素敵だったのまずはこちらを。

石の彫刻っていうとなんだか
「小難しい哲学者」のような印象を
持ってませんか?わたしだけ?
それを
良い意味で裏切るような、
石って、もっと気持ちよくて
もっと透き通っていて、
対話できる存在なんだ、と感じることができる展覧会

D0D4F80A-0CBD-4BFD-BAD5-6B1F916137D7

触れていいということ
触れなくては伝わらないことがあるってこと。私たちはもう二年も、触れることをこんなにも制限されていて、
そしてそれがどんなに感じることを失わせているかを感じる。
こんな時期だからこそ、
美術館が触れる展示を選んだことに
大きな意味があるんだなあ。

今回贅沢にも副館長岡野さん自ら一緒にまわって下さって、作品について教えて頂く機会に恵まれ
花紅は、触れてもいいよと言ってもらった作品は全て触って耳を傾ける。

大きな石の彫刻は、
可愛いね と花紅に言ってくれたそう。

私が耳を澄ませたら「いいんだよ」
と言ってくれた。

石って対話ができるんだ。
石は小さな地球。
その意味にぎゅっとなる。

8C264FA7-3669-4B84-B16E-6FC237B006EB

今朝また
昨日は楽しかったね、
いろんな石と会話したねと言うと、

最初は聴こえなかったの。
髪が邪魔でね。
髪をどかして耳をつけたら聴こえたの。

こんなにも繊細に感じとるんだ、
髪が間にあるだけで、
石たちの声は聴こえないんだ。
互いに触れないで、ましてやマスク越しで
気持ちを感じとるのは、、

クレマチスの丘は本当にこころが洗われる
素晴らしい美術館なので
ぜひ観に行かれることをお勧めしたいです。

CAA98B61-B583-4647-A843-C753482FFDEA

すべての ひとに 石が ひつよう
目と、手でふれる世界
会期: 2021年10月23日(土)-2022年3月29日(火)
主催: ヴァンジ彫刻庭園美術館

センス・オブ・ワンダーな贈りもの 

11/8から始まりました

静岡の美術館クレマチスの丘
ミュージアムショップ「NOHARA BOOKS」
『センス・オブ・ワンダーな贈りもの』展

24E3216B-77F5-42EC-B794-99AC442F25CD

8B321DBE-449B-4F9C-93D0-2E4F1108ADF9

明るい光の入る気持ちの良い場所に
作品を置かせて頂いております。
もともと大好きなミュージアムショップなのでとても嬉しい。
正面にはKAKO HAYASHIとの共作を。

ご一緒させて頂く
川内倫子さん
岩﨑有加さん
小山千夏さんの作品も格好よくて
ご一緒できるのが光栄です。

12/25まで。
ぜひ宜しくお願いいたします。

「センス・オブ・ワンダーな贈りもの」展
川内倫子、林彩子、小山千夏、岩﨑有加
 
会期 11月8日(月)−12月25日(土)
会場 NOHARA BOOKS
 
一年の終わりに、自然を身近に感じながら、日々の暮らしを大切にした表現活動を行う作家たちからの贈りものをお届けします。

1A648A5A-E1EA-407E-A62C-D7FDC80B4EC5

クレマチスの丘にて 

2020年クレマチスの丘で
コロナ禍のさなか延期に見舞われながらも
センス・オブ・ワンダーの展覧会があった。

あの時期に、あの空間で、
この展示をみることができて
本当によかったと思える時間を過ごした。

その時に感じた、
私たちはもっと自分の感性を信じていいのでは。
自分や周りの人の素晴らしさを認めて、
信じてあげることが大切なのでは?
という思い。

それから、
7歳の花紅の作品をいいなあと感じている自分を信じてあげたい、という感覚が湧き上がるのを感じた。

(親って自分の子供のつくるもの、描く絵、そのセンスなどをもちろんいいなあと思うけれどそれと同時に親バカですいません、という気持ちになることは、親の皆さんにはわかっていただけると思うのですが、そうじゃなくてその作品そのものをいいと思う気持ちを信じたいという感覚)

今回の展示がセンス・オブ・ワンダーにまつわるものというお話を頂いてから、
それならばぜひ彼女と共作した作品を持っていきたい、と相談すると
とてもいいですね!と快諾して頂くことに。

数点になりますが、今回
KAKO HAYASHIとのコラボ作品を
展示販売させて頂きます。

36B4C197-8E2C-4BBF-9F93-7CDD49946145

「センス・オブ・ワンダーな贈りもの」展
川内倫子、林彩子、小山千夏、岩﨑有加
 
会期 11月8日(月)−12月25日(土)
会場 クレマチスの丘内 NOHARA BOOKS

センス・オブ・ワンダーな贈り物  

センスオブワンダーについて

私が陶芸を始めた20代の頃、
友人から誕生日プレゼントとして頂いた本

彩ちゃんは、もう読んでいるかもしれないと思ったけれど

という言葉を添えて手渡されたのが
レイチェルカーソン著の
「センス・オブ・ワンダー」でした。

わたしは、子どもにとっても、どのようにして子どもを教育すべきか頭をなやませている親にとっても、
「知る」ことは、「感じる」ことの半分も重要ではないと固く信じて居ます

というレイチェルカーソンのことばは
最初にこの本に触れた20代から今まで私にとって、いつでもとても大切なことばです。

その、センス・オブ・ワンダーが
手に取りやすい文庫本となって新たに出版されました。写真は川内倫子さん。
日常の何気ない瞬間を愛おしく切り取る川内さんの写真はまさにぴったりだと思いました。

5A5D5C3A-3890-4B70-AE9E-31D12D667F41

センス・オブ・ワンダー
ということばを
訳者の上遠恵子さんは、
「神秘さや不思議さに目を見はる感性」
という素敵な日本語で教えてくれます。

大袈裟な出来事や
珍しい景色の中じゃなくても、
日々の生活のなかにも
センスオブワンダーはある。
何気なく窓辺においた器の重なりに
ハッとするような、
そんな普通の日々にも。

53FC2CB3-916F-42A4-B076-CB4F0BE3823C

今回、
センス・オブ・ワンダーの贈りもの
というタイトルの企画にお声がけ頂けたこと、そこが大好きな美術館の大好きなミュージアムショップだということ。自分が何を大切にしてきたかが伝わったようでとても嬉しい。

「センス・オブ・ワンダーな贈りもの」展
川内倫子、林彩子、小山千夏、岩﨑有加
 
会期 11月8日(月)−12月25日(土)
会場 クレマチスの丘内 NOHARA BOOKS

フォカッチャ 

またひとつ
軍師が階段を登られた。。

最高に美味しいフォカッチャ爆誕
エコラップに包んでお弁当

5CA110E1-37A4-4C28-A679-9BF2A690C391

花紅は早速、
メニューを作る。

C4579305-DCB4-4395-B9D1-A3CA526480DB

きょうのおすすめは
ふぉかっちゃ
おうちのおさらにのせます
まるいおさらにもおやさいが
いっぱいのってます

392D80F7-615D-47EE-8E25-FCC260DBE786

みみをすますように 

F37599C3-9BB8-4DEE-9499-62F5F724D496

美術館って
みんなこんなに行ってるのかな。と軍師。

行く人はいくし、行かない人は全然行かないのが
美術館な気がする。

それと同じでフェスに行く人は毎年のようにいく、
行かない人は一回もいったことない。
海外旅行が好きな人は休みのたびにいく、
行かない人は日本からでない。
天気が良ければ海に行く、(天気が悪くても行く)
苦手なひとは海には近寄らない。

色んな人がいて、
どちらが悪いとか良いとか
そんなこと何にもない。
好きなこと気持ちいいことは
伸ばせばいいとおもう。
多分それに向いているってことだから。

でも
子供が生まれて、経験させてあげたくて初めてキャンプにいく。とか
彼がサーフィン好きで自分も始めた。とか
新しい何かを始めることって
意外とできる。
何歳になっても、
今まで知らない世界でも、
絶対無理って自分に蓋を
しなくてもいいんだなーとおもう。

いずれにせよ自由ってこと!

横須賀美術館
みみをすますように 酒井駒子展

森の静謐
シルクのリボン
ひとりぼっちの不安
甘い角砂糖
葉擦れのざわざわ
暗闇に潜む何かの気配
白いワンピース

いい絵画といい音楽って似てる。

00BBA8D2-4D04-426C-AC5A-2459C4EC30F9

#酒井駒子
#横須賀美術館
#カフェのある美術館
#asiflistening
#みみをすますように

クレマチスの丘 

332F93E8-6756-4D8F-B6F8-54631B97C355

いつ行っても気持ちがきれいになる
クレマチスの丘

70歳から絵筆をとられた、
丸木スマさんの絵が本当に素晴らしくて、
涙がでた。
まさに生命賛歌。

236FE906-63B9-4C66-B02F-1E27666E4CF8

84E5C82B-0072-4FB9-95F3-7096117E3A83

華美でも技術で訴えるでもなく、
ただ愛おしいものを描いた、
と感じさせる美しさ。
(写真では伝えられない)

広島の原爆でご主人をなくし、
自らも被曝されたスマさん。
身を粉にして働き詰めで過ごし
70にして開花した絵を描くという楽しみ。

わしゃ、いまが花よ

顔をくしゃくしゃにさせて
クツクツ笑う姿が想像できるようなタイトルが
とても素敵。

沢山の方が亡くなった
大きな犠牲の上に
今のこの国があることを
改めて心に刻み込んで、
今があることに
感謝して生きていたいです。

丸木スマ展は
クレマチスの丘
ベルナールビュフェ美術館にて
開催中です

AD34E732-F342-4E55-BFEB-A84DA0933B16

美術館の和食、以前より少しカジュアルになり、
子連れでも入りやすくなってました!
器もみな美しいです

新しい私 

76B4E62B-6C64-4473-85A8-A8B6AFF9FAFB

もう縫い物が不得意とは言わせない!

前から興味がありつつも、中学時代のトラウマから全くミシンが扱えないまま、
母やお友達やクリーマやミンネなどにお世話になりつつ幼稚園時代の縫い物を乗り切ってきた。
(やれ絵本バックやらやれ上履き入れやら
なにかと作るものがあるのです)
(もう気づいてるお友達が自分から縫おうか??と言ってくれることも多くてどれだけ助けられたか)

3AD4AAA9-0535-4646-BED3-8C924078B0B7

折り紙の本と同じく
お洋服の作り方の本は見ていても
解読不可能。
ミシンも箱に入ったままの新品が何年も
寝かせてある状態だった。

それをきいた
「基本自分の服は自分でつくる」お友達
(しかもどれも皆可愛い)がうちにきてくれて、
ミシンの使い方から教えて下さることに!!

67BAFD92-9E61-4D06-BED8-8D269A0A558E

布の買い方、糸の選び方から
ボビンの糸巻き、はたまたミシンってコードいるんだと言い出すくらい
未知との遭遇な私に丁寧に教えてくれて
なんとか!!子供とお揃いの
スカートを作ることができました!!
感激。
そしてかなり楽しかった。
これは趣味は縫い物です、な

brand new meにであったかもしれない。

いや言い過ぎか。

8DAAA4EF-34C3-4BDA-AFAF-B4181147F4F1

桃のかき氷 

4ECB5060-FCEF-44CE-8C7F-819DDE3A53D8

梅雨明けと同時に
夏の暑さがやってまいりました。

かき氷の季節になりますね。
sawviさんに納品予定のかき氷の器が焼き上がりました。

そんなわけで
sawvi でランチ

隠れ家すぎる隠れ家カフェなのに(失礼)
ひっきりなしにお客様がいらっしゃって、ファンが多いのが伺いしれる人気店

麹と味噌お米
店主寺坂さんのご実家から
身体によくて安心なものだけを厳選したお料理とデザートが人気です。

今日はコロッケ定食と唐揚げ定食
そして丸ごと一つ大きな桃のコンポートが付きふわふわカキ氷を頂きました。

2階ではAt Home Worksの器の購入もできます。ぜひ!

7CB064C9-7AF9-4D6A-96E6-EE0A8180C086

1 / 612345...LAST »
カレンダー
2022年6月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
カテゴリー
アーカイブ
最近の投稿
PAGE TOP