At Home works

すべてのひとに石がひつよう

余韻がすごい。

昨日から始まった
静岡の美術館クレマチスの丘
ミュージアムショップ「NOHARA BOOKS」
『センス・オブ・ワンダーな贈りもの』展もぜひ!なのですが、

ヴァンジ彫刻庭園美術館で開催中の
『すべてのひとに石がひつよう』が素敵だったのまずはこちらを。

石の彫刻っていうとなんだか
「小難しい哲学者」のような印象を
持ってませんか?わたしだけ?
それを
良い意味で裏切るような、
石って、もっと気持ちよくて
もっと透き通っていて、
対話できる存在なんだ、と感じることができる展覧会

D0D4F80A-0CBD-4BFD-BAD5-6B1F916137D7

触れていいということ
触れなくては伝わらないことがあるってこと。私たちはもう二年も、触れることをこんなにも制限されていて、
そしてそれがどんなに感じることを失わせているかを感じる。
こんな時期だからこそ、
美術館が触れる展示を選んだことに
大きな意味があるんだなあ。

今回贅沢にも副館長岡野さん自ら一緒にまわって下さって、作品について教えて頂く機会に恵まれ
花紅は、触れてもいいよと言ってもらった作品は全て触って耳を傾ける。

大きな石の彫刻は、
可愛いね と花紅に言ってくれたそう。

私が耳を澄ませたら「いいんだよ」
と言ってくれた。

石って対話ができるんだ。
石は小さな地球。
その意味にぎゅっとなる。

8C264FA7-3669-4B84-B16E-6FC237B006EB

今朝また
昨日は楽しかったね、
いろんな石と会話したねと言うと、

最初は聴こえなかったの。
髪が邪魔でね。
髪をどかして耳をつけたら聴こえたの。

こんなにも繊細に感じとるんだ、
髪が間にあるだけで、
石たちの声は聴こえないんだ。
互いに触れないで、ましてやマスク越しで
気持ちを感じとるのは、、

クレマチスの丘は本当にこころが洗われる
素晴らしい美術館なので
ぜひ観に行かれることをお勧めしたいです。

CAA98B61-B583-4647-A843-C753482FFDEA

すべての ひとに 石が ひつよう
目と、手でふれる世界
会期: 2021年10月23日(土)-2022年3月29日(火)
主催: ヴァンジ彫刻庭園美術館


[ - うつわのこと スタッフブログ 好きなもののこと 展示会のこと ]

カレンダー
2022年5月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー
アーカイブ
最近の投稿
PAGE TOP