At Home works

お祭りの味

「炭酸買ってきたんで、メロンソーダ飲みましょう!!!」と、私。
「お!」と、彩さん。

あれ、なんかおかしい。
「おぉーー!!!」くらいの勢いでくると思ったのに。

このまえ、いつも何かとおすそ分けしてくださるご近所さんが、メロンソーダの素を持ってきてくださいました。
その日一緒にいたアシスタントさんたちと私で、おやつの時間に、少しだけ残ってたなけなしの炭酸とお水でメロンソーダを作りキャッキャ言いながらいただきました。
(炭酸がなけなしだったのは、同じご近所さんからその前にいただいた手作りの苺シロップを割った際にほとんど使ってしまったからです。そのときの写真。苺のつぶつぶが入っていてとても美味しかった!)

DEC38DDB-9A2C-4C91-AF27-43DE253DC24E

彩さんともキャッキャ言いながら飲みたい!と思い炭酸を買って行ったのですが、冒頭のような反応。
「もしや、メロンソーダ、お好きじゃなかったでしたっけ?」
「小学生以来飲んでない気がする…。どんな味だったかな…。」

うそ!!お祭り好きの彩さんが、こんなにもお祭りっぽい飲み物の味を忘れるほど長い間メロンソーダを飲んでないなんて。
でも絶対好きだし楽しい気分になると思い、そそくさとベストな割り具合でメロンソーダを作り、「ジャジャーン!」と口で音とか流しながらテーブルに。

ゴクゴク。

「あ!お祭りっぽい味!おいしい!」
「ですよね!お祭りの味しますよね!」

やったー、と思いメロンソーダを飲みながら、「共有できる感覚」って大切だよねという話に。
いろんな屋台の混ざった匂いや音や色、それらを引っくるめたお祭りの楽しい雰囲気を2人とも知っていたから共有できた「お祭りの味」という感覚。
スーパーマリオをやったことがある人同士なら、スターを取ったときに流れる音楽を聴けば、無敵無双な感覚を共有できるだろうし、ドラゴンボールを読んだことある人同士なら、「変身をあと二回も残している」という台詞がいかに相手に絶望感を与えるかということを共有できるだろうし。
「わかるー!」って笑えたりするあの感じ。

誰かと感覚が共有できるのは、できないよりもきっとずっと楽しいですよね。
そういうのをたくさん増やしていきたいなぁと思いました。
皆さんにも伝わりますかね、お祭りの味。

24CA9515-FC7B-4CE8-B615-1E9788A43BD0

佐々木


[ - スタッフブログ ]

カレンダー
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリー
アーカイブ
最近の投稿
PAGE TOP